悩み・コンプレックス

彼氏がむかつく!!イライラした時にスカットする簡単な仕返し方法を厳選!

 

「なんか最近の彼氏の態度がめっちゃむかつく・・・」

「見てるだけでイライラしてくるし、なんか懲らしめたい」

付き合いが長くなればなるほど、彼女に対して態度がでかくなったり、浮気をしたりするのが多いのが男性の悪いところ。

 

深くいろんなことを知ってきたからこそ、こういったときにむかつくことも多く出てきます。

ですがいくら付き合っていても、元々赤の他人なんですからわかり合えないのは当たり前です。

「わかっているけど、なんかむかつくから仕返しとかしたい!」

 

そう思っている女性に今回はストレス発散ができる仕返しの方法について伝授したいと思います。

 

気付かれないようなストレス発散できる仕返し

 

なんかむかつく、と思ったときにはことが大きくならないような小さい仕返しをするとストレス発散がしやすいと思います。

ただし、「バレるかどうかわからないように」やることがポイントです。

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]

[/box]

 

彼氏の歯ブラシで排水溝の掃除

排水溝の細かいところの汚れは、歯ブラシを使って掃除をするときれいにすることができます。

それを利用して、彼氏の歯ブラシを使って汚れを取るというのは小さな仕返しにピッタリです。

 

付き合いが長くなってくると、彼氏も歯ブラシを置いていくことが多くなります。

汚れをその歯ブラシで磨くことで、排水溝もきれいになるし、後日その歯ブラシを使って彼氏が歯磨きをしていた、

 

なんてことを見ることができれば、心の中で「ざまあみろ」と思えてすっきりします。

 

嫌いな料理を出す

同棲していたりすると、彼氏の好きな食べ物や嫌いな食べ物について知ることができますよね。

喧嘩をした後などにする仕返しとして、嫌いな料理や食べ物を食卓に出すというのがちいさな仕返しとしてはちょうどいいかもしれません。

「今日は頑張って食べてほしくて作ったんだ!」

 

などの頑張ったアピールも加えると、彼氏も食べるときにNOとは言えない雰囲気になります。

こういったところを狙ってやってみるのも一つの策かもしれません。

ですがここで注意しておきたいポイントとして、彼氏がアレルギーを持っているためにその食べ物を嫌っているという場合があります。

 

食物アレルギーを持っている場合は、命の危険が加わりますので避けておきましょう。

またこういったことは事前に調べておくのが一番です。

 

共通の友人にラインを晒す

「今まで仲良かったのに、最近冷たい・・・」

そういった流れで喧嘩してしまっている場合、周りに同意を求める、友人を使って批判してもらえるようにするのも一つの方法です。

かなりラブラブだった時代のラインを公開して、友人たちに回してみて、

「最近なんか冷たくなった」

 

など寂しがっている様子もセットで出して周りを味方にしましょう。

こういったことで、彼氏が逃げづらい空気を作ることができます。

またこれによって謝罪などに持ち込んだりすることも簡単になるので、ストレスの発散にもつながりやすくなります。

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]

[/box]

 

連絡先の登録名を変えてしまう

 

 

「私を怒らせたら怖い」

というアピールにはもってこいの方法です。

彼氏が浮気したりして反省させたいときにも使えます。

私の友人がこれをやられていたのですが、連絡先の登録名が全部歴史上の人物に変えられていたことがありました。

仕事関係も含めて、男性は管理をするということがなかなか得意ではないので、携帯の登録については疎い傾向にあります。

そのため連絡先などが勝手に変えられていたらとても大変です。

 

実際、私の友人は全て歴史上の人物の名前に登録先が変えられていて、浮気相手の名前も「ナポレオン」に変えられていました。

「ナポレオン」から鬼のように来る電話に私も含めた友人は大爆笑。

彼女に問い詰められた時には、

「こんだけナポレオンから電話来るとか、あんた革命起こす気なん?」

と言われる始末。

 

かなりこれに懲りたようで、その後は無事に何事もなく結婚していました。

そんな経験談もあるので、この方法はかなり効果的であると思います。

 

ゲイサイトに登録する

 

迷惑メールというのは、とてもめんどくさく感じるものです。

その中でも興味のないゲイの人からのメールがたくさん来ると、嫌になってくる男性は多いでしょう。

これも友人の体験談ですが、喧嘩をしてむかついたときに、彼氏のメールアドレスを彼女がゲイサイトに登録していたということがありました。

毎日のようにゲイの方からのお誘いメールが40通以上来ていたようで、本当に困っていました。

 

いろんなところにアドレスを登録していたことから、簡単にメールアドレスも変えるわけにはいかなかったこともあり、しばらく本気でゲイに狙われたと思って怯えていたことがあったのを覚えています。

彼女に後日、その感想を聞いたところ、

「あれは怒ってやってしまったけど本当に悪いことしたなって少し反省している」

とのこと。

 

懲らしめるという意味ではいいのかもしれませんが、罪悪感も出そうな案件ですよね。笑

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]

[/box]

 

まとめ

 

 

喧嘩したりしても、お互いにうまく話し合うことができれば、解決の道は開くことができます。

話し合いが上手くいかなかったり、不満や怒っていることが伝わっていなかったりしたときに初めて仕返しのことを考えましょう。

ヒドイ目に合うことが多かったりしたら、仕返しよりもまずは別れた方が早いこともあります。

仕返しをするなら、なんかあったらいつでも許せるという状況を作ってあげてください。