セックス

セフレのキープが難しい人必見!良好な関係を気づく方法6選

 

ヤレるときにすぐにできる女性のセフレをせっかく作ったのに、実はこの関係、キープするのがとても大変なものなんです。

せっかくセフレができても、数回やって終了、なんてことに毎回なりがちです。

 

今回は「上手にセフレ関係をキープするためのコツ」を男性側の目線から6点紹介します。

これを参考に、上手に関係を築けるようになってください。

[box class=”yellow_box” title=”関連記事”]ここに文章[/box]

 

セフレ関係を長続きさせるコツ

 

言い合いをしないこと

セフレの女性との関係をキープするためには、わがままをお互いに言い合わないようにすることが重要です。

相手に弱みを見せたり、精神的な依存をしたりすると、あなたにとっても女性側にとっても厄介になることが多くなります。

セフレとはセックスするのみの間柄にあるものと割り切って捉えた方がよいでしょう。

 

いわゆるドライな関係を続けることが大事なのです。

会いたくなったら連絡してセックスをする、という一定の距離感を保つことがこの関係としてはとても大事になります。

少なくともこちらから相手のプライベートには干渉しないようにしましょう。

 

相手には夢中にさせる、依存させる

 

女性側にはあなたに依存させるようにしましょう。

前述した内容とは矛盾するかもしれませんが、相手には「関係を続けたい」と思わせることも関係を続けるためには必要です。

セックスの相性がいい、この人でないとこんなプレイはできない、といった形でこの関係を解消できないようにするといいでしょう。

相性に関しては、合わない可能性もありますが、アブノーマルなことをしたりテクニックを磨くことに関してはこちら側の努力次第で何とかすることができます。

こちら側としても、テクニックを磨くなど努力を怠らないようにして、

「アナタとしかこんなことできない!」

と思わせるようにするといいでしょう。

 

ピロートーク(後戯)を忘れずに

 

良好な関係を継続させたいのならば、この時間を大切にしてあげてください。

ピロートークの時間は、関係を深めやすい時間になります。

関係を継続させたいと考えているのならば、セックスの後に必ずイチャイチャする時間を設けるようにしましょう。

無理のない範囲で抱きしめたり、腕枕なんかをしてあげるといいのではないでしょうか。

女性はセックス後に幸せホルモンや愛情ホルモンと呼ばれるものが、ドバドバと出るようになっています。

ここで淡泊になってしまうと、女性側も嫌な気持ちになることが多いので、相手に「あ、この時間好き」と思わせるような努力を怠らないようにしましょう。

これによって相手は依存しやすくなります。

 

相手に対する敬意を忘れない

 

「ただのヤリマン」とあなたが考えていると、その扱い方も変わってきます。

女性側はそのような態度や反応にはものすごく敏感です。

すぐにバレて関係が続けられなくなるので、気をつけましょう。

良好な関係を築くには、互いに認め合えるような関係になることがとても大事です。

相手を「性処理の道具」として考えるのではなく、敬意をもってセックスをすることで自分も相手もセックスを純粋に楽しむことができます。

表面上だけでもこのような態度にならないように、敬意を持つことを意識しましょう。

 

「付き合う」ということは明確にしない

 

女性は「カップル」や「夫婦」、「彼氏彼女」という関係性について気にする傾向があります。

要するになあなあの関係を嫌う傾向があります。

長くセフレ関係を継続させるためには、この関係をうやむやにしてしまう方がいいでしょう。

女性は恋人関係になると、次の「結婚」というものを意識してしまいます。

もし相手から付き合うかどうかを迫られた場合は、

「これからも側にいてほしい」

などの言葉を濁した表現で明確に答えを出さない方がいいでしょう。

 

清潔感を持つ努力を怠らない

 

あなた自身と「次もまたセックスをしたい」

そう思わせるように、清潔感は常に保つようにしましょう。

女性は「汚く見える人としたくない」ということを常に念頭に置くといいでしょう。

 

まとめ

 

セフレ関係を上手にキープする方法を今回は紹介していきましたが、男性側の意識として、一人に依存しないということも大事になってきます。

「セフレ」と考えてしまうと、扱いが雑になってしまいがちなので、本当にしっかりと関係を継続させたいと考えているのならば、しっかりと相手に対して敬意を払うことを忘れないようにしましょう。

あなた次第でキープさせられるかどうかは変わってきますので、頑張って努力を怠らないようにしてください。