カップに直接注げるコーヒーメーカー|一人暮らしにおすすめはこれ!

こんにちは!

このブログでは、ひとりの時間を楽しむ生活の知って得する情報をご紹介していきます。

トックー

コロナウィルスの感染拡大で外出自粛期間が長くなった現在、カフェで気軽にコーヒーを飲むことも難しくなっています。お家時間が長くなった今、少しでも自分の寛ぎの時間を優雅な時間ににしていきたいですよね。

 

pick up!
  • お家で本格的なコーヒーを楽しみたい!
  • 朝は時間がないので気軽にコーヒーを楽しみたい
  • キッチンは狭いから場所を取らないコンパクトなものが良い!
  • お手入れも簡単が良い!

そんなみなさんに向けて、実際に私が購入して愛用しているコーヒーメーカーをご紹介したいと思います。

 

ポッケ

お手入れ簡単で美味しいコーヒーが飲めるコーヒーメーカーが知りたいなぁ

 カップに直接注げるコーヒーメーカーのメリット/デメリット

メリット

  • ハンドドリップだと時間がかかる所、スイッチを入れたら放っておける
  • カップに直接、コーヒーを淹れるので洗い物が少ない
  • ほとんどの部品が取り外して洗える。洗い物は、カップと珈琲の粉を淹れるパーツのみ
  • カップに直接注ぐので、カップも温まり、より美味しいコーヒーが飲める

デメリット

  • コーヒーカップの高さによっては、コーヒーがカップの淵や外に多少飛ぶ
  • コーヒー豆を挽く、ミルは付いていないので別途購入が必要

 

 

悪い所がほぼなくて、あえて言うならというぐらい良い所の方が際立ちます♪

トックー

タイガーカップに直接注げるコーヒーメーカーの使い方まとめ

私が、購入したコーヒーメーカーはこちらです。

商品名

タイガー ADC-B060WG コーヒーメーカー 0.81L グレージュホワイト

こちらを引き出し、コーヒーフィルターをセットします。

こんな感じで、ダイレクトにコーヒーカップをセットできます。

後述しますが、付属品としてコーヒーカップでダイレクトに淹れる為の補助トレーである、マグカップトレーが付いていないため、木製の厚みのあるコースターで底上げして使っています。

大きめのマグカップや、丈の長いカップであれば、マグカップに直接、底にコースターなしでもコーヒーを淹れることができます。

要は、後ろの抽出のための黒い部品を押し込めれば上からコーヒーが落ちてくるのです。

側面から見るとこんな感じで、水をいれる給水タンクも簡単に取れてお手入れ楽々。

とってもシンプルな作りですよね。中も濡れた布巾などで拭けばOKです。

美味しいコーヒーを淹れることができました。カップの縁にコーヒーが多少跳ねるのが難点ですがガラスサーバーに一度淹れてからだと洗い物が増えるので、それを思うと全く気になりません。

トックー

 

購入した後に、ただの本体の色違いだと思っていたこちらの機種。

 

タイガー ADC-A060TD コーヒーメーカー 0.81L ダークブラウン

 

タイガーTIGERコーヒーメーカーダークブラウンADC-A060<TD>[おしゃれステンレスADCA060TD]

 

画像引用元 楽天市場

 

価格は多少高くなり、色味も変わりますが、こちらの機種は付属品として最初から、マグカップで直接注げるように専用カップトレイがついています。

このことがわかっていれば、こちらを選んでいました。

トックー

2段階濃度調節「テイストマイスター」

画像引用元 タイガー公式ページ

 

どちらのタイプも、抽出が終わった時に電子音などの合図はなく、自動ではスイッチもオフになりません。

ステンレスだと中身が見えないので、中身が見えた方が良い方はガラスタイプのADC-B060WG(グレー)がオススメです。

 

ただ、抽出が終わる頃にはゴボボツと独特の音がするので、慣れればガラスサーバーでも、ステンレスサーバーでもどちらのタイプでも注ぎ終わりがわかると思います。

トックー

タイガーコーヒーメーカー2種の機能比較まとめ!迷うなら2択!

 

商品名 タイガー ADC-B060WG コーヒーメーカー 0.81L グレージュホワイト  

タイガー ADC-A060TD コーヒーメーカー 0.81L ダークブラウン

 

価格 4,040円 (税込) 

※価格は執筆時の最安価格で変動する可能性があります。

4,800円 (税込)

※価格は執筆時の最安価格で変動する可能性があります。

グレージュホワイト 
    タイガー魔法瓶ADC-B060-WG(グレージュホワイト)_コーヒーメーカー           

ダークブラウン

 

 

タイガーTIGERコーヒーメーカーダークブラウンADC-A060<TD>[おしゃれステンレスADCA060TD]

サーバータイプ ガラス ステンレス
マグカップトレー 無し あり
濃度選択 なし テイストマイスター(マイルド・ストロング)の

2段階調節

私は、価格もお安くてグレージュホワイトで満足しています。コーヒーの濃度調節は本体ではできませんが、コーヒーの粉の量で自分で調節できますし余分な部品が増えると洗い物が増えますしね!

一度に数名分いれることが多い方で、ガラスサーバーだと割れる心配がある方や、どんなマグカップでも対応できるマグカップトレーがついている点ではブラウンのタイプの方が良いですね!

まとめ

いかがでしたか?タイガー ADC-B060WG コーヒーメーカー はお気に入りのマグカップに直接コーヒーを淹れることができます。

朝の忙しい時間に洗い物が増えることなく本格的なコーヒーのお味を楽しむことができる所がうれしいポイント。

付属のガラスのサーバを使えば数名分の珈琲を淹れることができますので、急な来客時にも困りません。部品も取り外して洗えるので、衛生面でも安心です。

 

ポッケ

価格もお手頃で、お手入れも楽々!

まずは入門的に、コーヒーを楽しみたいという方にはぴったりだね♪

 

 

インスタント珈琲を卒業して、ドリップ珈琲デビュー!

時短で、朝の忙しい時間を優雅に♪

ぜひ、生活の中に取り入れてみてくださいね

トックー

 

それでは、またお会いしましょう!ポッケの知っとくチャンネルを読んでいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です